スポンサーリンク

【2019-2020】POG本(赤本、青本、丸ごとetc)情報まとめ。発売日や内容など

エンタメ

この記事の内容は2019年5月12日時点の情報です。最新情報は随時更新します。

このページでは2019年春に発売されるPOG(ペーパーオーナーゲーム)本の情報をまとめています。
毎年発売される書籍タイプのほか、月刊の雑誌、新聞タブロイド版、ムック本などの情報も掲載しています。

POGの達人 完全攻略ガイド 2019~2020年版 

発売日は4月26日(金)
通称・赤本です。競馬ライターの須田鷹雄氏が監修。
POGを日本に広めた須田氏の本というだけあって、内容的にはとてもオーソドックス。新種牡馬情報も海外生産馬の情報もまんべんなく網羅しています。
僕は赤本が一番好きで、POGに参加しない年でも資料として毎年購入しています。

内容紹介

1、総力チェック! 300頭以上のカラーパドック
2、育成牧場徹底リポート
3、東西有力厩舎リポート
4、注目調教師インタビュー
5、血統評論家・水上学の「新種牡馬ジャッジ」
6、達人達のオススメ10頭
(Amazonより)

天才! のPOG青本2019-2020

発売日は4月27日(土)
通称・青本です。昨年までは「競馬最強の法則」の特別ムックとして発売されていましたが、「法則」の編集者たちが「競馬の天才!」に移籍したため、青本も新装されています。
青本といえば「最強のPOG」でしたが、今年からは「天才!のPOG」として生まれ変わりました。

内容紹介

毎年4、5月に刊行してきたPOG攻略本の新年度版です。ノーザンファームを筆頭に、社台ファーム、追分ファームといった日本が誇る生産牧場に徹底取材を行ない、今年の6月以降にデビューを迎える2歳馬をPOGファンに届けます。目玉企画は伝説の名ジョッキー・アンカツこと安藤勝己氏と、日本屈指のオーナーブリーダー・岡田牧雄氏による社台グループの撮影馬、全頭ジャッジです。牧場に忖度するメディアしかないため、馬の良し悪しをハッキリ書くことで、オンリーワンのPOG攻略本としてのスタイルを踏襲していきます
(楽天ブックスより)

競馬王のPOG本 2019-2020

発売日は4月25日(木)
毎年、表紙にはある馬の「毛」が掲載されています。ただ、アップ過ぎるので茶色い背景にしか見えません(笑)
「毛の馬」は活躍するというジンクスがあり、昨年度版の表紙の毛はなんとサートゥルナーリアでした。今年はどの馬の毛が表紙を飾るのか、要チェックです。

内容紹介

カラー16ページ増で、情報量が大幅アップ!
今年も「顔が見えるPOG本」をテーマに、現場の空気を詰め込んでお届けします!
昨年の「毛の馬」サートゥルナーリアはホープフルSを制覇! 「毛の馬」として4頭目のG1ホースとなりました。
レジェンド山本昌による社台グループ探訪、栗山ノート、「袋とじ オフレコ黒服トーク」など人気企画満載でお届けします。
競馬王POG2019-2020応募ハカギ付き!
(Amazonより)

丸ごとPOG

発売日は 4月26日(金)
正式タイトルは「週刊Galoop臨時増刊『丸ごとPOG2019~2020』。サンスポ、競馬エイト、週刊Gallopでおなじみのサンケイスポーツから出ているPOG本です。
一口馬主クラブと数多くタイアップしているので、各クラブの注目の募集馬をこの一冊で見ることができます。

内容紹介

競馬専門誌週刊Gallopが、今年もPOGファンにお届けする渾身の一冊! 来年のクラシック主役候補から、2歳戦の台風の目となりそうな即戦力タイプまで紹介。 牧場・クラブ別注目馬は、充実のカラーグラビアで掲載。イチ推しの生産馬、育成場を語るカリスマブリーダーズインタビュー、注目厩舎レポート、記者・トラックマンの推奨馬ほか情報満載。巻末にはお目当ての馬探しに便利な母馬INDEXもついている。 指名馬選びに必携の人気ナンバーワンPOG本でライバルに差をつけろ!
(Amazonより)

POGの王道2019-2020年版

発売日は4月24日(水)
通称・黄本といわれていますが、あまり定着していないかもしれません。赤本、青本と比べて後発のイメージがあります。丹下日出夫氏と鈴木淑子氏が中心になって製作されています。

内容紹介

競馬評論家で「POG大魔王」の異名をとる丹下日出夫厳選の2歳馬情報。データ分析、生情報など、多彩な切り口で紹介。
(Amazonより)

デイリーPOG虎の巻

発売日は4月25日(木)
デイリースポーツ・馬三郎
の特別版として発売されます。形式は夕刊紙のようなタブロイド版。保存性能はいまいちですが、発売されるのが早いのが特徴。コンビニで買うことができます。

ザッツPOG

発売日は5月9日(木)
東京スポーツの特別版として発売されます。形式は夕刊紙のようなタブロイド版。こちらもデイリーと同様に保存性能はいまいちです。発売日は比較的遅く、他の媒体の発売が落ち着いたころに発売されます。その分、ギリギリの情報まで掲載されているのがポイント。コンビニで買うことができます。

2019年POG本のまとめ

POG本はPOGを楽しむには欠かせませんが、掲載されている若駒が走った後に、結果を知ってから読むのも非常に楽しいんですよね。
毎年全部を購入している訳ではないので、今年はどれを購入しようか迷います。ただ毎年買っているのは赤本だけです。オーソドックスで内容的にも安定感ありで、おすすめです。

コメント